まいさんの日記

まいさんが、趣味的な記事を書くところです。はてなダイアリーの「まいさんの日記」のから引っ越しました。

過去のイベント配置図や中国麻将の話題は、「 まいさんのホームページ DTI版」へ
Twitterもやってます

第11回東方Project人気投票のポイント率の推移グラフ

 先週投票が行われた、第12回東方Projectの人気投票の結果から人妖部門について、いつものポイント率(全ポイントのうち該当キャラに投票されたポイント数の割合)についての推移をグラフを作成しました。(人妖部門以外はグラフは作ってません)

 総ポイント数は投票者数によって毎回変動しますが、ポイント率は全体が100%ですので、相対的な人気度が判ると行ったところでしょうか。また、順位だけの比較では判りにくい、他のキャラとの位置関係などや、相対的な人気の推移が判りやすいかなと思います。
 今回も、6回から今回(12回)の上位キャラをグラフにしました。前回のグラフに付け加え、今回の上位50キャラ推移を記載しました。(ここまでほぼ前回と一緒の説明)

 けっこうゴチャゴチャなので、正確な順位やポイントを知りたい方は、上記のサイトを見て下さいね。

 前回グラフ圏外(51位以下)から50位以内に入ったキャラはいませんでした。
 新キャラは4キャラがランクイン。全て紺珠伝のキャラで、稀神サグメ(14位)、クラウンピース(23位)、純狐(31位)、ヘカーティア・ラピスラズリ(43位)となっております。
 その分50位以内から圏外に陥落したことになります。ミスティア・ローレライ(50→51位)、宇佐見菫子(47→53位)、霍青娥(49→54位)、二ッ岩マミゾウ(48→61位)となっています。
  
下記のグラフの画像をクリックすると拡大表示します。(3000x1500と、かなり画像がでかいので注意)
http://www.green.dti.ne.jp/maisan/img/ninki12.png

 線の色・傾きは、キャラ名称の色・傾きと合わせているので、線が折り重なっているような場所では参考にして下さい。
 色そのもの(赤とか青とか)には意味はありません。丸に数字は順位(5位ごと)。%を書いた横破線の上の数字は、各回のその破線に相当するポイントです。
 20位以下は混戦になっており、きれいに重なった線などもあり、見やすくありません。


 さて、今回の感想ですが、予想以上に参加者が増えていた印象です。サイトによると、人妖部門の参加者は42419票(=人)とのこと。前回が32,244票ということで、約1万人増えている計算です。
 アンケートでは、今回人気投票に初参加という人が34.6%と約1/3ほど。新規参加者多いですね。これだけの新規の参入を受け入れているジャンル(シリーズ)であることに感心します。


 それでは、順位についての感想です。
 全体的には大きな変動を感じなかった印象です。上の図を見ても、前回の線の交錯具合と、今回のそれを見比べると明らかに今回は交わりが少なめと感じます。次にキャラ順位。

    • 博麗霊夢(1):圧倒的な一位。2位に1.4倍の差を付けており大差です。順位だけ見たときは、今回7票制になったため、浮動票というか、あと一人の票を集めたかと思いましたが、「一押し」数も圧倒的です。一押し数は、前回の投票数からほぼ倍増しており、過去からの投票参加者の一押しはそれほど変更しないと考えると、新規投票者の一押しを集めたものと思われます。
    • 霧雨魔理沙(2):2位。霊夢とワンツーですが、実態はトップははるか先、下位の足音も聞こえる2位グループ。前回1位のこいしは反動があると見ていましたが、魔理沙は予想以上に下げてしまっているなといった印象。
    • 古明地こいし(3):魔理沙とは誤差範囲の僅差の3位。前回トップでしたが反動ですね。うち的には予想通り。反動のパターンとしては10回のアリスと似た感じなので、2〜3年後くらいには順位があまり動かなくなるのではないかなと思います。
    • 咲夜(4)、フラン(5)、妖夢(6)、レミリア(7):前回と同じ順位をキープ。このあたりの古い作品のキャラはもう固定されるのでしょうかね。とはいえ、詳しく見ると妖夢は去年とちょっと違う傾向で、若干ポイント率を上げていますし、一押しが伸びています。フランと妖夢は徐々に順位を上げてきているという長期的な傾向が類似していたのですが、何か最近妖夢に伸びるポイントがあったのかな?
    • 古明地さとり(8):登場時から、ポイント率2.7〜2.9%あたりで安定していますねえ。
    • アリス(9):順位も安定してきた印象です。
    • 射命丸文(10):割のキャラの変動はあっても、文はほとんど動いていない。しっかりと位置を固定した感じ。
    • 藤原妹紅(11):前回の心綺楼による反動でしょうか。ただ、前回の反動分をまだ戻せてないような印象ですので、特に何も無いと次回は順位は変わらずともポイント率は下落かも。
    • 東風谷早苗(12):下降が安定している。とはいえ、キャラ数が増え、票が分かれる仕組み上、ある程度仕方ないこと。次回は他の12〜20位あたりのキャラと同じような微減でしょうかね。
    • 希神サグメ(14):紺珠伝の新キャラではトップ位置。 初登場順位としては、かなり高い方だけど、ポイント率では従来の人気の出た新キャラと大きく変わらない感じかな。
    • こころ〜椛 あたり(15〜20位あたり):このあたり、うどんげの下落が緩やかな以外はほぼ同じ感じで下落。ずっと微増傾向だった天子も今回はまわりと同じ動きに。一時期順位が高かった幽香も同じく。ほぼ順位が固まった感じでしょうか。幽々子と紫は昔から仲が良い動きです。キャラ的に同じような人気の取り方をしているということかもね。パチュリーとかも近い。

 20位以下はほぼ混戦です。個々での順位の変動は、基本的に誤差的なものでしょうか。とはいえ、中には周りと違った上昇・下降をしているキャラもいますので、いくつか見てみます。

    • ルーミア:少々上昇。二次創作界では、一定の人気がありますが、他のキャラよりも人気が上昇するほどの印象ではないので、連続した上昇は謎ですね。固定ファンがいるとは思いますが、
    • 宇佐見蓮子:前回の反動かなあ。秘封も固定ファンがいる印象だけど、この動きは、増加した新規の取り込みができなかったとかそういう面もあるかも。
    • 鬼人正邪:前回の反動があると思ったがなかった。うち的な予想では、サグメとの関係性でいろいろ二次創作上の出現機会が増えたとかかなあ。輝針城の黒幕で針妙丸とセットで二次創作は作りやすそうに思えるし。
    • 少名針妙丸:中位勢ではかなり下げている。このあたりのポイント率では、下落の絶対ポイント率が低くとも割合にすると高くなる。針妙丸は前回のポイント率の65%しかない。個人的には投票したくらい好きなキャラだけど、前回が高すぎたとも思えないし、ちょっと気になるところ。
    • 伊吹萃香:上がっている。この上昇もかなり謎に感じる。


これより下位は、考察はしないでおきましょう。誤差範囲のものも多いですしね。

次回はポイント率や一押し率に注目した別の考察をしようかなと思いますが、時間次第ですね。
それではまた。